昇華転写について

作者:ColorE     日付:2011-10-24     クリック数:136    
昇華転写とはプリント技術の一つです。熱転写も言われています。 ELEPHANTデジタルプリント製品有限会社は超極細繊維クリーニングクロスとデジタルプリント製品の専門会社です。
  • 昇華転写とは?
     
    プリント技術の一つです。熱転写も言われています。
    ELEPHANTデジタルプリント製品有限会社超極細繊維クリーニングクロスとデジタルプリント製品の専門会社です。
     
    昇華型インク(分散染料インク)をインクジェットプリンタで転写紙に鏡像(左右反転)印刷し、その転写紙の印刷面とプリントしたい布ような転写素材の転写面に合わせて、熱圧着機(ヒートプレス機)にて、180℃~220℃の高温と圧力を加えることにより、気化したインクが被転写物の分子構造に入り込み、染色する技術を昇華転写プリントと言います。
    生地の温度はすぐに下がるため、気化され分子構造に入り込んだインクは、同じ高温、高圧をかけない限り、色が落ちることがありません。
     
    昇華転写の特徴
    ・色が落ちることがありません。ロゴは肌触りもありません。
    ・超高画質:写真画像、グラデーションなどを高画質にプリントします。
    ・何色使用してもがさつくことがなく、生地そのものの肌心地。
    ・色を何色使用しても同じ価格。
    ・少ない数量でもオリジナルウェアが作れる。
    ・生地を染色するため、生地から作るオリジナルウェア。
    ・プリントによるデザイン制限なし。
    ・ハードなスポーツでたくさん汗をかいてもベタづかずサラサラです。
     
    昇華転写プリントの注意点
    基本的には、「ポリエステル100%の白生地」に限らせていただきます。基本的にと書いたのは、ポリエステル100%でなくてもプリントは可能な場合があるからです。綿50%・ポリエステル50%の素材にもプリントは可能です。しかし、綿が入っている分、発色が悪くなります。化学繊維の分子構造に入り込む、という性格上「綿」等の天然繊維にはプリントできません。100%ポリエステルの割合が高いほど発色は良くなります。
    また、色生地へのプリントは、薄い色物に対して、濃い色であればプリント可能です。インク自体の透明度が高いので、生地色に非常に影響を受けやすく、黒などの濃色生地にはプリント出来ません。
    生地に高い熱と強い圧がかかるため、コーティングなどの表面加工されている生地に転写できない場合があります。
     
  • 関連 デジタル印刷    クリーニングクロス    マクロファイバークリーニングクロス    iPhone iPadクリーニングクロス    複合生地    マイクロファイバークリーニングポーチ    メガネケース    メガネ拭き    携帯電話ポーチ    ニュース

    オリジナル昇華プリント――カラフー世界 メガネのケア_マイクロファイバー製メガネ拭き iPhone/iPadクリーニングクロス----拭き取せてはなく、見えなかった!! 超極細繊維VSモバイル設備 液晶テレビの画面のホコリ取り方法
    コメント

    ユーザー:

    • 大笨象デジタルプリント製品有限会社     著作権所有

    • Tel:+86-20-83334393 83332492     Fax:+86-20-83332482
    • 会社:広東省広州市越秀区解放南路39号万菱広場2013
    • 工場:広東省広州市海珠区新港東路70号好得工業園1栋
    • URL:http://www.hkelephant.com メールアドレス:elephant@hkelephant.com